Source: StatCounter Global Stats - Browser Market Share

Link: ; rel="canonical"

タダラフィル副作用

...

 

 主成分医薬品情報 シアリス主成分タダラフィルについて

 

ed治療薬シアリス主成分タダラフィル

 

 

タダラフィルの特徴は、

従来のED治療薬に比べて

作用持続時間が36時間

(血漿中半減期:約14~15時間)

と長く、

食事の影響を受けにくいことである。

 

これまでのシルデナフィル

(血漿中半減期:3.23~3.31時間)

やバルデナフィル

(血漿中半減期:約3.2~5.3)

は、作用持続時間がどちらも

4時間前後であり、

服薬のタイミングが

難しい場合があることが指摘されていた。

 

この点、タダラフィルは、

服薬のタイミングや効果継続時間を

心配することなく使用できる。

 

海外では、2003年に米国で発売されて

以降、2007年7月現在、

100カ国以上で使用されている。

 

医薬品情報 医療用医薬品の薬効分類

[BR:jp08301 ] 2各種の器官系用医薬品

21循環器官用薬

219その他の循環器官用薬

2190その他の循環器官用薬

D02008タダラフィル(JAN)

25泌尿生殖器官及び肛門用薬

259その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬

2590その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬

D02008 タダラフィル(JAN)

医療用医薬品のATC分類[BR:jp08303 ]

G泌尿生殖器系と性

ホルモン 泌尿器科用薬用薬科用薬

G04BE勃起不全用薬

G04BE08タダラフィル

D02008タダラフィル(JAN)

医療用医薬品のUSP分類[BR:jp08302 ]

泌尿生殖器薬学 前田立腺肥大症治療薬学

タダラフィル

D02008タダラフィル(JAN)

呼吸器薬学 肺純血圧降下薬 タダラフィル

D02008タダラフィル(JAN)

ターゲットに基づく

医薬品分類

[BR:br08310 ] 酵素 加水分解酵素

(EC3) ホスホジエステラーゼ PDE5

D02008タダラフィル(JAN / USAN / INN) 治療薬の医薬品クラス

[ jp08360.html ] 内分泌・ホルモン関連薬

D02008 日本の新薬

[ jp08318.html ] 新有効成分含有医薬品

D02008 日本・米国・欧州の新薬

[ jp08328.html ] 日米欧での承認状況

タダラフィル副作用 治験時には、

シアリスで29.0%[1]、

アドシルカで53.1%[2]、

ザルティアで

11.0%[3]に副作用が見られた。

?重大な副作用には、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、Stevens-Johnson症候群がある。 硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニコランジル等の硝酸エステル系薬剤)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、併用は禁忌である。

関連記事

  1. シアリスジェネリック.ed治療薬メガリス

  2. シアリス、ジェネリック通販比較

  3. シアリスジェネリック.d治療薬エキシラー

  4. シアリス通販情報

  5. シアリスジェネリック,タダリフト

  6. シアリスジェネリック.ed治療薬アプカリスSX

  7. シアリスジェネリック.ed治療薬タダリスタ

  8. シアリスジェネリック,タダラフィル・エクステンダ

  9. 必見!初めての個人輸入代行で、シアリスを買う

PAGE TOP